スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「日向 金の露」

20070527010759
銘酒「川越」のレギュラー酒。
いも焼酎らしいいも焼酎かな。川越の呑みやすさとはまたちがったやさしくてホクホク感がある。お湯割りで実力発揮しそうだ。
まったりとしながらふくらみが杯をすすめる。いも焼酎は奥が深い。なかなか手に入れるのが難しいのでチビチビやりたかったがいつのまにか三杯目で…
飲みすぎ注意である。本日もダイヤメ続行中である。

スポンサーサイト

「蔵の神」

20070521221258
「蔵の神」。
僕なりに勝手に思うダイヤメ酒。
飲み口はキリッとして味わいはやさしい。
蔵付酵母を使用。山元さんの銘柄のなかでも爽快な銘柄。プレミアと呼ばれる銘柄もたしかに素晴らしいがこういうタイプを呑むと妙に落ち着く。
ラベルにはお湯割りは5対5がうまいと書いてある。今日はロックでいただいてるが今度の楽しみと思いながらダイヤメ続行中である。

「燃島」

20070517215419
「燃島」。
どんぶり仕込みという芋と麹を同時に仕込む手法らしい。
昨日の富乃宝山と同じく黄麹。酸味抜群で飲み方によってかわりそうだ。コクも素晴らしく濃厚でまさに食中酒そのもの。今ただの酔っ払いなので何を書いたか微妙だがうまいものはうまい。今日もダイヤメ続行中である。

「富乃宝山」

20070517003226
「富乃宝山」。
いわゆる芋臭いの正反対である。
蔵にも行ったことがあるが一見日本庭園のようだった記憶。透明感のある味わいだ♪
さわやかですっきりとした味わいにガンガンに呑んでしまいそうです…
この作品は自分の焼酎を語るうえではずせない逸品である。すでに三杯めだがまだまだダイヤメ続行中である。

「風」

20070509004246
「風」。
宇都さんの作品。
最初の感じは…うまい!
加世田の風を感じてください。その通りである。甘味と辛みのバランスがよく口の中でパァーとひろがった。加世田は何回か行ったことがあるが、思い出したくらい
またもやお気に入りの一本が増えました
飲み方はなんでもいけそうだがロックは危険くらい杯が進みそうだ
今日もダイヤメ続行中である。

「相良兵六 安納芋」

20070506012219
相良兵六の蔵の作品。安納芋の甘味があとからやってくる感じかな。(すでに酔っ払いなのでごめんなさい)しつこくなく優しい味わいで晩酌にはいいかも。
相良兵六もガツン系で好きだがこちらもまた違う世界をみしてくれた。焼酎はほんとに奥が深い。今日は杯が進んで若干酔っ払いだがダイヤメは続くのである。

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。